前立腺肥大症の解決法!50代男性が実際にやってみた

前立腺肥大症はサプリメントメディカルです!

⇒【中高年が抱えるお悩みに】これでスッキリ!「ノコギリヤシ」

記事一覧

前立腺肥大症の治療法
さて今回は、前回に引き続き前立腺肥大症の内視鏡手術についてです。 前回の前立腺肥大症の内視鏡手術の他の内視鏡手術として、 経尿道的前立腺切開術TUIPがあります。   TUIPは、電気メスの先端がナイフ状になっています。 先端がナイフ状になっているため、より細か

記事を読む

前立腺肥大症の治療法
前立腺肥大症において手術に踏み切るための一定の基準はありません。   病期でいえば第2病期以降です。 薬物療法で思うように症状が改善しない場合や、 残尿が100ml以上あり、尿閉を繰り返すような場合に手術を考えます。   前立腺肥大症の手術でよくおこなわれるの

記事を読む

前立腺肥大症
前立腺というのは、膀胱のすぐ下にあり、その中心部を尿道が通っています。   前立腺は男性生殖器の一つです。精液の一部を作る役割を果たしています。   普通はクルミくらいの大きさなのですが、加齢とともに大きくなると言われています。     前立腺肥大症というのは、

記事を読む

前立腺肥大症の内視鏡手術もいろいろあります

さて今回は、前回に引き続き前立腺肥大症の内視鏡手術についてです。

前回の前立腺肥大症の内視鏡手術の他の内視鏡手術として、

経尿道的前立腺切開術TUIPがあります。

 

TUIPは、電気メスの先端がナイフ状になっています。

先端がナイフ状になっているため、より細かい動きができ、

医師が扱いやすいメリットがあります。

 

手術時間も短時間で終わります。

前立腺の肥大が大きい人には向きませんが、

肥大が小さければ十分対応が可能です。

 

その他にも、内視鏡手術として、経尿道的前立腺蒸散術TVPがあります。

TUIPと比べてTVPは、回転するローラーループや厚型のループに

高圧波電流を流します。

 

前立腺の組織を蒸散させながら切除していきます。

 

手術中の出血が少なくてすむのですが、手術後の尿失禁や

尿路感染症などの危険性が高いというリスクがあります。

 

そのほかの内視鏡手術として、経尿道的レーザー手術があります。

 

経尿道的レーザー手術では、レーザー光線で患部を熱凝固させます。

効果がでるのは、レーザー光線で破壊された組織が脱落してからです。

術後三週間以降になります。

 

前立腺の肥大の場所によっては、手術不可の場合もあります。

いずれも一長一短があります。

 

自分の症状をよく把握し、特徴をいかして、治療、手術に

取り入れることが重要です。


【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の治療:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ
 関連記事
 タグ

前立腺肥大症の内視鏡手術

前立腺肥大症において手術に踏み切るための一定の基準はありません。

 

病期でいえば第2病期以降です。

薬物療法で思うように症状が改善しない場合や、

残尿が100ml以上あり、尿閉を繰り返すような場合に手術を考えます。

 


前立腺肥大症の手術でよくおこなわれるのが内視鏡手術です。

前立腺肥大症の内視鏡手術は、排尿障害の症状が強く、

薬物療法では十分な改善が見られなかった場合、まず検討されます。

治療成績は良く、後遺症もほとんどありません。

開腹手術とは違い、体にかかる負担がすくないため、

高齢者でも比較的安全に受けることができます。

 


前立腺肥大症の内視鏡手術は腰椎麻酔を行い、

尿道に直径1センチ以下の細い内視鏡を挿入します。

 

電気メスで肥大した前立腺の組織を切除します。

このときに電気メスのかわりにレーザーを使う場合もあります。

 

ループ状のメスの先端を使って、少しずつ前立腺組織を削り取っていきます。

この作業には熟練を要しますが、麻酔を入れても1時間半から2時間で

終了します。

3〜7日間ほどの入院が必要となります。

 

前立腺肥大症の手術後、数日間は尿道カテーテルを入れておきます。

熟練した医師が行なえば、排尿障害の症状はほぼ消失します。

効果は手術の翌日から感じることができます。

 

退院後は経過を観察するため、2〜3ヶ月の間に数回は

通院しなければなりません。


【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の治療:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ
 関連記事
 タグ

前立腺肥大症とは

前立腺というのは、膀胱のすぐ下にあり、その中心部を
尿道が通っています。

 

前立腺は男性生殖器の一つです。精液の一部を作る役割を
果たしています。

 

普通はクルミくらいの大きさなのですが、加齢とともに
大きくなると言われています。

 

 

前立腺肥大症というのは、膀胱の下にある前立腺が

肥大することにより、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす

病気のことです。

 

健康なときには、普通に無意識に済ませている排尿が
スムーズにいかなくなるので、日常生活に大変大きな
支障をもたらします。

 

 


前立腺肥大症は、以下のような症状が現れます。

 

〜偉腺肥大症の第1病期「排尿障害」 

夜間にトイレに行く回数が多くなる。尿の勢いがなくなり、

トイレに行っても尿がすぐ出ないし少ししか出ない。
また時間がかかる。

 

∩偉腺肥大症の第2病期「残尿発生期」
 

尿をした後もすっきりとせず残っているような感じがする、

いわゆる残尿感という症状です。

 

A偉腺肥大症の第3病期「慢性尿閉期」 


昼夜を問わずトイレに行く回数が増えて、排尿にかかる時間が
長くなる。一回の排尿に数分かかるようになります。

時には尿が全く出なくなる、尿閉という症状になります。
 

 



 関連記事
 カテゴリ
 タグ
前立腺肥大症は、ヨーロッパなどでは”サプリメント・メディカル”と呼ばれ、お医者さんで治療と言うよりも、サプリで症状を緩和すると言う方法がポピュラーなようです。オシッコの悩みのサプリは”ノコギリヤシ”です!


Profile
最新記事
ブログランキング



人気ブログランキングへ


  • seo

Copyright © 前立腺肥大症の解決法!50代男性が実際にやってみた All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ