前立腺というのは、膀胱のすぐ下にあり、その中心部を
尿道が通っています。

 

前立腺は男性生殖器の一つです。精液の一部を作る役割を
果たしています。

 

普通はクルミくらいの大きさなのですが、加齢とともに
大きくなると言われています。

 

 

前立腺肥大症というのは、膀胱の下にある前立腺が

肥大することにより、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす

病気のことです。

 

健康なときには、普通に無意識に済ませている排尿が
スムーズにいかなくなるので、日常生活に大変大きな
支障をもたらします。

 

 


前立腺肥大症は、以下のような症状が現れます。

 

〜偉腺肥大症の第1病期「排尿障害」 

夜間にトイレに行く回数が多くなる。尿の勢いがなくなり、

トイレに行っても尿がすぐ出ないし少ししか出ない。
また時間がかかる。

 

∩偉腺肥大症の第2病期「残尿発生期」
 

尿をした後もすっきりとせず残っているような感じがする、

いわゆる残尿感という症状です。

 

A偉腺肥大症の第3病期「慢性尿閉期」 


昼夜を問わずトイレに行く回数が増えて、排尿にかかる時間が
長くなる。一回の排尿に数分かかるようになります。

時には尿が全く出なくなる、尿閉という症状になります。
 

 



 関連記事
 カテゴリ
 タグ