前立腺肥大症のなかには少数の人に、次のような症状が

みられることがあります。

脅かすわけではありませんが、尿が出なくなっちゃうかも
っていうお話です!

 

尿道が閉塞して尿閉状態になると、膀胱内の圧力が上がって

腎臓から尿が流れにくくなります。

 

尿が出にくくなると、腎臓に大きな負荷がかかります。

さらに圧力の増大により、腎機能を損なう危険があります。

 

閉塞が早く解消されれば一時的な影響で終わりますが、

閉塞が長びくと膀胱が伸びきってしまい、尿があふれ出る
ようになる可能性が高いです。

 

膀胱と一緒に、膀胱や尿道の小静脈も引き伸ばされて
しまいます。排尿しようして、力を入れたときに静脈が
破裂することもあります。


 

また、逆に尿が何回も出るので困っちゃう、ということも
あります。


前立腺肥大症の症状の頻尿の原因の一つに精神的なストレスが
あります。

トイレに行ったのにまたすぐ行きたくなったり、おしっこを
きちんと出さないと不安で眠れなくなったりするのです。

 

何度もトイレに行き、多い人では寝る前に7,8回も行く人が
いるようです。

 

このような方は強迫神経症の疑いがありますので、

前立腺肥大症とあわせて、専門医のカウンセリングを

受けたほうがよいでしょう。

 






【関連エントリー】
- 前立腺癌等の前立腺の病気:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症とは:前立腺肥大症、予防と対策!
- 慢性前立腺炎の治療法 - 前立腺肥大症、予防と対策!
- 尿失禁には二つのタイプがあります - 前立腺肥大症、予防と対策!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ