前立腺そのものは、年齢を経るにしたがって大きくなります。


前立腺が大きくなったからといって、即症状が出たり、
ひどくなっているわけではありません。


前立腺が小さくても、症状が出て重い人がいるのも事実です。



逆に、高齢で前立腺が大きくても症状が出ない人もいます。


はじめに症状がでて、重い症状に進行するとはかぎりません。




前立腺肥大は命に別状のない病気ですが、早い時期に
治療をうければ、症状を悪化させずにすみます。


受診の目安としては、50才以上であること、夜間トイレに2回以上おきる、
尿の勢いがなくなった、残尿感がある、尿が出にくいなどがあります。



次のような症状は出たら、病院にいくめどにします。


尿の線が細くなり、勢いがなく、トイレが近いという症状が
何回も起きるようでしたら、一度、病院の泌尿器科で診察を
うけたほうがよいです。


前立腺肥大によるものであれば、気持ちに余裕をもって
病気にのぞめます。


この段階では、薬やいろいろな治療もあり、満足のいく治療を
受けることができます。



なかなか病院へ診察に行きにくい病気ですが、放置していれば
自然治癒するというものではありませんから、どうせ将来泌尿器科へ
いかなければならない事態になるのなら、早い方が得策です。



重大な状況の手前ならば・・・サプリメントでもいけるかも






【関連エントリー】
- オシッコちゃんと出てますか?:メタボリック防衛隊!
- 子供のメタボリックシンドローム:メタボリック防衛隊!
- 動脈硬化:メタボリック防衛隊!
- 職場検診でもウエスト85センチ以上をチェック!:メタボリック防衛隊!
- がん < 脳卒中+心臓病:メタボリック防衛隊!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ