前立腺肥大症の検査のなかで、直腸指診というものがあります。

肛門から指を入れて、前立腺を触診します。

直腸壁から前立腺を触って、状態をチェックするものです。

 

直腸指診を受ける場合は、患者さんは、仰向け、

横向きなど楽な体位をとり、検査しやすい体勢になります。

医師は手袋をはめ、指にゼリーなどの潤滑剤をつけて診察します。

 

肛門に指を入れられるということに抵抗感があるかもしれませんが、

リラックスして受ければ、痛みは感じないようです。

 

直腸指診を上手に受けるためには、緊張をしないで

リラックスすることですね。

 

ゆっくりと呼吸をします。

おなかの力を抜くと、痛みがすくなくなります。

痔で肛門が痛い人は先に医師に伝えておきます。

 


泌尿器科の専門医であれば、直腸指診でおおよそ

前立腺肥大症の診断ができます。

 

前立腺を触れることができる前立腺の背部に

異常がある場合が、それです。

 

それ以外の場所に異常があれば、

今のところ発見は難しいようです。

 

そこで、直腸指診に変わって、前立腺を全体的に内部まで

把握できる画像検査があります。

 

画像検査とは、具体的にいうと、超音波とエックス線です。

超音波とエックス線の検査については、また別の機会に

詳しくお話しする予定です。

 


【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の第3期とは:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ
 タグ