前立腺肥大症を診断する方法には、直腸指診があります。

これは以前お話しました。

 

しかし、直腸指診は、前立腺を直接触ることのできる前立腺の
背部に異常がある場合は、ほとんど診断ができるのですが、

それ以外の場所に異常がある場合は、発見が難しいということです。

 

そこで必要となってくるのが、前立腺を全体的に内部まで

見ることのできる画像検査です。

 


画像検査には、超音波検査とエックス線検査の検査があります。

患者さんへの負担は少なく、短時間でできる検査ですので、

安心して受診することができます。

 

エックス線検査では、尿道口から造影剤を注入して、尿道の状態を
調べる尿道撮影と造影剤を静脈注射して腎臓や尿管、膀胱の状態を
調べる静脈性腎盂撮影というものがあります。

 

エックス線検査は、前立腺がどの程度、尿道を圧迫しているかが
分かります。

 

またエックス線検査は、尿閉によって起こる膀胱や尿管の拡張、

腎臓の拡張などが分かります。

 

さらに、エックス線検査は、血液中の造影剤が尿として排泄される
までの様子が分かります。非常に残尿の多いときは水腎症になって
いることがあります。

 

造影剤を使わずに行なう単純エックス線撮影よりも、より詳しく
分かります。


エックス線検査は、腎不全や尿毒症を予防するため、重要な検査です。

 

そのほかにも、逆行性膀胱尿道造影といって、ペニスの先から
造影剤を注入して、尿道を造影する検査があります。

 

なかなか大変そうな検査ですが、前立腺の肥大がかなり進行している

状態ならば仕方ありませんね。

 

こうなる前に、初期の段階の診察が必要ということです。



 

 

【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
- 尿検査と尿流量測定・残尿測定:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ