前立腺肥大症に限らず、やはり検査というのはなんか嫌なものですよね。

直接的な痛みや不快感もそうですが、結果が出るまでのドキドキ感も、

あまり気持ちのいいものではありません。

 

前立腺肥大症の検査では、直腸指診やエックス線検査がありました。

直腸指診などは、前立腺背部以外の場所については、

異常が中々分かりにくいものでした。

 

そこで、前立腺を全体的に内部まで診る事のできる画像検査

というものがあります。

 

画像検査の中でも、前回はエックス線検査についてお話しました。

今回は、超音波検査(腹部エコー検査)他のお話します。

 

超音波検査(腹部エコー検査)というのは、腹部にジェル状の

潤滑剤を塗って、プローブをあてるものです。

プローブの反射波(エコー)から、臓器を画面に映し出して調べます。

前立腺や膀胱の形、大きさ、残尿量などが分かります。

 

また、肛門からプローブを挿入して、前立腺をみる

「経直腸的超音波診断法」もあります。

 

前立腺に近づくぶん、より詳しい状態がわかります。

肛門からプローブを挿入するので、多少の痛みや不快感があります。

直腸指診と同じようにリラックスして受ければ、より負担は少なくなります。

 

私は、前立腺がんではなかったのですが、過去に大腸がん検診で、

肛門から指を入れたり造影剤を入れたりというのを経験しています。

 

やはり、緊張して力が入っているときはダメですね。

緊張が解けて力が抜けてくると、思ったよりも大変でなかったような

記憶があります。

 


 

【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の第3期とは:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ