前立腺肥大症の検査についての話を続けます。

今回の検査は、エックス線、超音波に続き、その他の画像検査です。

 

その他の画像検査のなかには、CTやMRIと呼ばれるものがあります。

CTやMRIは主に前立腺ガンを調べるための検査です。

前立腺肥大症の患者さんのなかで、特に前立腺のガンの疑いが

ある人の検査に行います。

 


CTやMRIは画像検査です。

ですので、前立腺とその周囲のリンパ節や臓器を写し出すことができます。

ガンが前立腺の中にとどまっているのか、周囲に浸透しているのか、

転移はあるかなどがわかります。

 

CTやMR検査をうけるときには、検査用の衣服を着ることになります。

 


前立腺肥大症における、画像検査は以上のように、エックス線検査、

超音波検査(エコー検査)、CTやMR検査などがあります。

 

どの検査が、自分の症状や体調にあっているのか、

担当の医師によく相談しながら、検査に臨みましょう。

 

特に、前立腺癌は、腫瘍マーカー検査でもおおよそ判定できるそうですので、

積極的に血液検査を受けることをオススメします。

 


【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の第3期とは:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ