前立腺肥大症によく効く漢方薬をご紹介します。

 

漢方薬は、初期症状や高齢者、低血圧の人、

抗生物質の使えない人などに使われます。


前立腺肥大症というのは、漢方では「腎」が弱っている

「腎虚」の状態といわれています。

 


八味地黄丸(はちみじおうがん)は「腎」を補う薬です。

年をとるにしたがって弱る「腎」の機能を高めていけば

前立腺肥大症だけでなく、体が元気を取りもどすことができます。


八味地黄丸は、中高年の副腎、泌尿器、生殖器などの
機能低下に使われます。

 

主な作用としては、抗菌・利尿作用があります。

前立腺肥大症や排尿困難、頻尿、腎盂などの症状を抑えます。

冷えや痛み、しびれをとる作用もあります。

 


次に牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)という漢方薬があります。


牛車腎気丸は、八味地黄丸に牛膝と車前子を加えることにより、

利尿と鎮痛効果を高めたものです。

排尿困難、頻尿、むくみをとる作用があります。

 


次に猪令湯(ちょれいとう)です。

尿道炎や腎炎、腎盂炎、尿管結石、膀胱結石、不眠症に用いられます。

頻尿や残尿感、排尿痛、不快感、血尿などの症状をやわらでます。

 

漢方薬であっても、やはり専門医に相談してからの方が、

やはり無難だと思います。


 


お医者さんまではちょっと・・・、だったらこのサプリをどうぞ
     ↓          ↓
 やわたのノコギリヤシ






【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の内視鏡手術もいろいろあります:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の第3期とは:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ