トイレが近くて困ったナー、、、夜も眠れないし。
おしっこの勢いもあまりないし、残尿感が・・・

それでお医者さんに行ったら「前立腺肥大症」だった。

そんな中高年の男性が増えています!


  夜1


前立腺肥大症は、最近までは日本人には少ない病気でした。

しかしながら、年々患者数が増え続けています。


コレは、食生活の欧米化が大きな原因ではないか?と
言われています。


1980年から1995年までの15年間で、患者数は約5.2倍も
増加しました。


現在では、患者数は30代から徐々に増え始め、50代で60%、
70代では90%もの人が、前立腺に何らかの悩みがあると
言われています。


男性では、前立腺の悩みがない人の方が、圧倒的に
少ないということになります。




正常な人の尿は、トイレで構えるとすぐに始まり、およそ15秒から
20秒くらいで終了します。


前立腺肥大症
の人は、まずは出始めまでに、5秒から10秒ほどを要し、
終了まで45秒から50秒かかるといわれています。




前立腺肥大症の予防と改善のためには、とにかく

_疆戮琉酒や動物性脂肪とタンパク質の摂り過ぎに注意する。 

長時間座り続けることを避ける。 

オシッコは我慢せずに、すぐトイレに行く。 

これらの生活習慣を意識してください。



それでも、ちょっとおかしいな、と思ったら泌尿器科での診察を
お奨めします。



前立腺肥大症
は、欧米ではサプリメントメディカルといわれており、
サプリメントを服用して治療する人が多いらしいのですが、
なるべくだったら専門医に診察してもらうのが一番ですね。


中々行きずらいのは分かるんですが…。







【関連エントリー】
- 前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の検査:前立腺肥大、予防と対策
- 前立腺肥大症の第3期とは:前立腺肥大、予防と対策
- 閉塞とストレス:前立腺肥大、予防と対策
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大、予防と対策
generated by 関連エントリーリストジェネレータ