ブログネタ
生きづらさ に参加中!

以前このサイトでもお話しましたが、前立腺肥大や尿障害の
症状が現れている人は、便秘に気をつけなければならない
ということがあります。

 

私も、前立腺肥大症が徐々に進行しているような感じなんですが、

同時に便秘がひどくなっているんです。


どうして便秘が排尿に関係するのかといえば、まず第一に
便秘になって詰まってしまった便が膀胱を圧迫してしまう
ということです。

 

膀胱が圧迫されてしまうと、尿意を我慢することが

難しくなってしまいます。

 

また、尿道を締める役割を持つ骨盤の底の筋肉に骨盤低筋

という筋肉があるのですが、詰まった便はこの骨盤低筋をも

圧迫してしまいますので、尿が漏れやすくなってしまうのです。

 

頻尿や尿漏れで悩む人は、普段の生活上でも水分を控えてしまう
傾向にあるために、ますます便秘になりやすくなってしまう
という悪循環に陥りやすくなります。

 

男性と女性では、女性の方が出産のために腹腔が伸びやすく、

便秘になる人が多いようです。

 


又、持病を持っていて、薬を飲んでいる人の中にも便秘に悩む人がいます。

これは、便秘を起こしやすい薬というものも実際にあるからです。

 

たとえば例をあげますと、
・血圧を下げる薬 
・尿の量を増やす薬 

・胃の荒れや胸やけを抑える薬 
・咳を抑える薬 
・肩こりを和らげる薬 

などを服用している人に便秘の症状がみられることがあるそうです。

 

最近便秘気味だなあー、という方で上記の薬を服用している
人はいませんか?


もしいたら、一度かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

 


 

【関連エントリー】
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症の第3期とは:前立腺肥大症、予防と対策!
- 尿失禁の二つのタイプとは:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症の治療法とは:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大以外の排尿障害:前立腺肥大症、予防と対策!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ