ブログネタ
癌(がん)は治る!癌(がん)に負けないで! に参加中!

オシッコの具合はいかがですか?


泌尿器の関係する病気で、一番多いのは、前立腺肥大症
なんですが、前立腺肥大症の次に多い前立腺関係の病気が、
前立腺の炎症性疾患です。



前立腺の炎症疾患というのは、大きく分けると、

ゝ淦細菌性前立腺炎 
∨性細菌性前立腺炎 
K性非細菌性前立腺炎

の3つということになります。



この中で,竜淦細菌性前立腺炎は、尿道などから前立腺に
細菌が侵入してしまい、感染を起こすことによって生じます。

尿が近いとか、尿をすると痛いとかいった尿道炎症状とともに、
高熱が出る疾患です。

きちんとした治療が必要となるのですが、頻度の高い病気と
いうわけでもありません。

実際に頻度が高いのは、慢性の前立腺炎ということになります。



慢性前立腺炎というのは、高齢者よりむしろ若い方に多い病気です。

早ければ10代後半から症状が現れる人が出てきて、20〜40歳代
の方に最も多い病気です。


あまりなじみのない病気といえるのですが、経過が長くなかなか
治らないのがこの病気の特徴ですので、人に知れず悩んでいる
患者さんも多いと思われます。


簡単に言えば、前立腺に何らかの炎症が加わることが、繰り返される
ことが原因と考えられています。


慢性前立腺炎の症状の特徴としては、

a,排尿に関する症状( 尿が近い、尿が残っている感じがする、
 尿のきれが悪い) 
b,疼痛症状(腹の下の方が重苦しい、陰嚢や精巣が痛い、肛門の方が
 痛い、尿の出口や陰茎が痛い、あるいは不快感がある) 
c,性機能障害( 精液に血が混じる)

の3つに分けられます。


多くの患者さんは、疼痛や不快感が続くことによって、自分は
悪性腫瘍ではないかという恐れを抱きがちです。

しかし、この前立腺炎という病気は悪性腫瘍、特に前立腺癌との
関連はないものです。

このことは、十分に理解しておいてほしいと思います。





【関連エントリー】
- 前立腺肥大症って?:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症の症状と治療:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症の内視鏡手術後の症状と対策:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症の防止策:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症とは...:前立腺肥大症、予防と対策!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ