ブログネタ
泌尿器科 に参加中!

最近なんかオシッコの出具合が変だなあー、オシッコをした
ばっかりなのにまだ尿が残ってるような気がするなー、

さっきオシッコにいったばっかりなのにまたいきたくなった、


などの症状が現れている人はいませんか?

 

 

そんな人は、前立腺肥大症が疑われます。


しかしながら、よほどでなければ箇所が箇所なんで、中々気軽に
泌尿器科とかへは行きずらいですよね。

 

そんな皆さんのために、今回は自宅でできる尿流検査の情報を
お伝えします。

 


まずは秒針つきの時計と紙コップを用意して下さい。

最初に紙コップに自分で目盛りをつけましょう。だいたい100mlと
200mlの2カ所で充分だと思います。

 

それから 紙コップに排尿して下さい。オシッコの出始めから
出きるまでの時間を測ります。

 

そして、尿の量を排尿の時間(秒)で割って下さい。
 
たとえば、100ml排尿するのに20秒かかれば、 100割る
20で5になり、 その数値が1秒あたりに尿が流れる量(平均尿流率)
となります。


数式にあらわすと「排尿量(ml)÷かかった時間(秒)=平均尿流率」
となります。
 

 

この数値が毎秒5ml以上であればだいたい安心できるのですが、

5ml未満だった場合は要注意です。

 

ただし、尿の勢いというのは、一般的には尿量に影響されますので、
あまり尿がたまってない状態で排尿しても勢いは弱くなるのが普通です。

 

ですので、1度の測定だけではなく、何度か繰り返し測定をして、

平均値を割り出すことをお勧めします。

 

平均尿流率の数値が少ないようであれば、一度専門医での検診を

受けてみられた方いいでしょう。






【関連エントリー】
- 尿に関する様々な病気:前立腺肥大症、予防と対策!
- 閉塞とストレス:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大以外の排尿障害:前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症、予防と対策!
- 前立腺肥大症とは...:前立腺肥大症、予防と対策!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ